Google Map

地図アプリの検索機能やストリートビューの便利な使い方まとめ!

今回はGoogle Map(グーグルマップ)について紹介するよ!

僕もよく使っているよー!これを使うと道に迷わなくなったんだ!
スマホはちゃんと立ち止まってから見るようにしているよ!

それは良かった!
グーグルマップは、地図検索がとても便利な無料で利用できるサービスなんだ。
住所や施設名から検索したり、目的地までのルート検索、施設情報まで調べることが出来るよ。

地図を3Dにも出来るって聞いたけど本当かな?

そうそう!
地図は通常の地図に加えて、航空図、地形図、3D表示にも切り替えることがでるんだ。
目的に応じて必要な情報を得ることができ、また確認したい場所などがあれば、お気に入りに登録をしておくこともできるよ。
アカウントが一緒ならパソコンで登録した情報をスマホでも確認出来るしとても便利だよ。

ストリートビュー?
っていうのも聞いたんだけど、どんな機能なのかな?

よく知っているね!
周辺状況を知りたければ、グーグルストリュートビュー機能を使えは、あたかも自分がその場にいるような感覚で、確認することも出来るんだ。

今回は、そんなグーグルマップの便利な機能や使い方を紹介するね!

わーい!
楽しみ!僕も覚えたら他の人にも教えてあげよう!

グーグルマップで行き方を検索する

まずは「東京タワーからスカイツリー」の行き方を調べて見よう。
グーグルマップでは、車・公共交通機関・徒歩・自転車などのルート検索ができるんだ。
下の画像を見てみてね。
複数のルートがある場合に目的地の最適なルートと、他のルートは色を変えて表示されるんだ。
選ばれているルートは青色に表示されて、その他はグレー色で表示されているよ。

次は赤枠を見てみてね。
グーグルマップで目的地までの交通手段を調べれるんだ。
「車・電車、バス・徒歩・自転車・飛行機」を選ぶことが出来るよ。

パソコンとスマホだと検索方法は違うのかな?

パソコンでは、グーグルマップを開いて地図上の出発地と目的地をクリックするか、住所や場所を入力し移動手段を選べば最適なルートが表示されるんだ。
他のルートもグレー色で表示されているよ。

スマートフォンでは、右下の経路をタップして移動手段を入力すれば表示されるんだ。
ここでは、移動時間や料金など調べることも出来るよ。

料金が出るのは便利だね!
行くためには何円かかるか知りたいもんね!
僕のお小遣いでも行けるかな?

マルのお小遣いではあまり遠くには行けないかな?笑

以下の流れで試してみてね。

①グーグルマップの検索窓に東京スカイツリーと入力
②東京スカイツリーの情報が表示されます。
③「ルート・乗換」の矢印マークをクリック
④ルート検索メニューで上段の出発地に出発したい場所を入力
※目的地は、自動で入力されます。
⑤出発日時を入力します。

検索結果が一覧で表示され、ここで移動時間や利用交通機関、料金を調べることが出来るよ。
色が付いている方が推奨ルート、グレーの方が第2候補になるよ。

【便利な使い方】
一覧では、見にくいので「ルート比較ツール」をクリックすると、グラフで各ルートが表示されるので、比較しやすいです。
また、「ルートオプション」を使えば、乗り換えが少ないや徒歩が少ないなどの設定が出来るので、年配の方や小さなお子さんがいるなど、移動を少しでも楽にしたい場合には便利な機能です。

グーグルストリートビューを見る方法

グーグルストリートビューを見る方法は大きく4つに分けられ、
スマホで使うのか、パソコンで使うのかで、どちらが使いやすいかが決まってきます。

1.「Googleマップ」のアプリから「ストリートビュー」を見る
2.「Googleストリートビュー」のアプリから「ストリートビュー」を見る
3.「Google検索エンジン」から「Googleマップ」を検索して「ストリートビュー」を見る
4.「Google検索エンジン」にて検索し、画面右側に表示されている「ストリートビュー」を見る

出先で使う事が多いなら、「Googleマップ」か「Googleストリートビュー』のアプリをダウンロードしておくと急ぎで調べたい時などは便利かと思います。

Googleストリートビューの使い方

検索窓に、目的地や気になるお店、住所や「東京駅 飲食店」などと入力する事により、
地図や建物の写真、周りの風景や店内の様子やメニューなどを見ることができます。

ストリートビューを表示可能な場所以外や、新しい道やお店などは表示できません。

使い方は、スマートフォンとパソコンでほんの少しだけ違いますが、大差はありません。

【使い方】

1.地図上でストリートビューを表示したい場所をクリックもしくは長押しします。
赤いピンが表示され、画面に写真が表示されるので、クリックもしくはタップします。

2.ストリートビュー画面が表示されたら、ドラッグ(マウスのボタンを押したまま動かす)もしくは画面上をスワイプ(指で滑らせる)、もしくは矢印アイコンをタップないし、青い線をスワイプや矢印キーを押すと、360度の風景を見る事ができたり、その先の風景が見られるようになります。

お店や施設なども同じ方法で見ることができ、画面かに2本の指を開閉もしくはマウスの中央ボタンを動かす、もしくは画面右下の+ーボタンをクリックないしタップすると、ズームインやズームアウトが可能です。

PCなどでは、画面右下の人型(ペグマン)をドラッグ&ドロップ(クリックしながらその地点に持っていき指を離す)ことで、目的地やお店などの場所を見ることができます。

また、施設内で階数がある場合などは、階数が表示されますので、任意の階数をクリックもしくはタップして見ることができます。

また、
過去のストリートビューを見ることも可能になり、
画面左上の時計アイコンをクリックまたはタップし、表示された画面の下部にあるスライダを動かすことにより見ることができます。

ただし、地域によっては過去の画像が見ることができない場合もあります。

正確な現在地を表示させる方法

・自宅や職場など、よく行く場所など、正確な現在地を設定する方法があります。

Googleマップにログインして、
メニューから、マイプレスを選んだ後、ラベル付きをクリックし、住所を入力して保存します。

右下にある現在地マークを押せば、正確な現在地の表示ができます。

ライトモードで利用している場合は設定できませんのでご注意ください。

・表示されない場合

パソコン・iPhone・iPadの場合は、「アクティビティ管理ページ」にアクセスし、
「ウェブとアプリのアクティビティ」をオンまたはオフにします。

もしくは、「マイアクティビティ」から、「検索アクティビティを表示または削除」して下さい。

Androidの場合は、「Google設定」の「設定アプリ」から「全般」をタップして下さい。
「個人情報とプライバシー」から、「アクティビティ管理」に行き、「ウェブとアプリのアクティビティ」をタップした後、「ウェブとアプリのアクティビティをオンまたはオフ」にします。

もしくは、「マイアクティビティ」から、「検索アクティビティを表示または削除」して下さい。

他には、高精度モードをオンにする方法もあります。
「設定アプリ」から、「現在地」をタップし、「現在地をオン」にした後、「モード」から「高精度」を選んで下さい。

その他には、

「ブラウザで現在地の使用をGoogleマップに許可する」方法
→Googleマップの左上のメニューから、「現在地を共有する」をタップして、「共有相手を決定」後、「共有された相手からも現在地の共有をしてもらう」

「Wi-Fi」をオンにする方法
「位置情報サービス」から、「位置情報にアクセス」する方法
「GPS機能が正しく動作する為に、屋外や窓の側にて受信できるようにする」方法
「再起動」する方法
「全てのアプリをアップデートする」方法
「キャッシュを削除する」方法
「直近にインストールしたアプリをアンインストールする」方法
「開いているタブを閉じる」方法

→これらはお使いのパソコンかスマートフォンでの設定になります。

「GooglePlay開発者サービスが無効になっている場合は無効にする」方法などもあります。

また、間違った方角を向いている場合などは「コンパスの調整」が必要となり、
スマートフォン自体を持ち、数字の8の字を2、3回描くことにより、正しい方角を指すようになります。

地図サービス比較

[myphp file=’lp_map’]