ビットコイン

ビットコイン買うには?売るには?

ビットコインを始めとする仮想通貨はもともとマイニングという仮想通貨の取引における認証作業を行うことでその報酬として得られる仕組みです。
しかし、近年はビットコインなどの人気の仮想通貨においては認証作業を行う人が増えたり起業が専用のマシンを用意して事業として取り組んでいるため個人で報酬をもらえるほどのマイニングを行うことが難しくなり、売買することで入手することが一般的になっています。

数ある仮想通貨のなかで最も知名度と価値が高いビットコインを買うには二つの方法があります。
一つは販売所で購入する方法で、インターネット上の販売所が決めている価格をクレジットカードや銀行振り込みなどで支払うことによって買うことが出来るのです。

もう一つの方法は最もポピュラーな方法で、取引所による市場取引で買うことが可能です。
ビットコインは株式投資や為替投資と同じように売買市場が形成されていて、取引所に口座を開設して現金を入金すればそのお金を資本として売買を行うことが出来るようになります。
取引所の場合は販売所と違って保有しているビットコインを売ることも出来るため、販売所で購入していたとしてもビットコインを売るには取引所に口座を作ることが必須です。

口座を作って入金を済ませたらあとは簡単に売買ができます。
取引画面を開いて買いもしくは売りのボタンをクリックするだけでその時点での価格で取引が成立しますが、実際に取引所でビットコインを売買する際は、そのタイミングに注意しなければなりません。
株式市場で需給によって株価が上下するようにビットコインの価格も上昇と下落を繰り返しています。
その変動幅は株式や為替の比ではなく、一日で25パーセントや40パーセントの下げを記録したこともありました。
こういった局面では価格が大幅に下がっているため買いやすいタイミングではありますが、そのタイミングが底ではない可能性もあるため売買によって利益を出そうとしている場合は特に注意が必要です。
売買するときはチャートの動きをしっかりと見て、現在の市場がどういう流れになっているのかを見極めることが大切です。