ビットコイン

ビットコインの今後

ビットコインはもはや一過性の流行では終わりません。既に世界各国で浸透しており、新しいツールとして根付いています。有名な辞書にもビットコインの名前が明記されるようになり、名実ともに仮想通貨の代名詞です。

ビットコインの今後ですが、おそらく今まで以上に世間に根付いたお金となります。認知度は大変高くなってきましたが、まだまだ日本では現金の方が需要が高いです。しかし今後はビットコインが今の現金に置き換わるかもしれません。

大手家電量販店や一部の大手サービスでは決済手段として、早々と導入されています。現金以外で便利な決済方法と言えば、クレジットカードですが実は色々とデメリットがあります。

クレジットカードには審査があり、ここ数年は審査体制が妙に厳格化しています。真面目に働くサラリーマンが審査落ちになる事例も増えてきており、カードの利便性が大幅に低下しています。一方ビットコインであれば決済は楽々です。しかも普通のギフト券やカードとは違い、市場の様子によって資産価値が増大します。

クレジットカードやデビットカードだと現金ですので、預けているお金をもとにしますが、ビットコイン決済であれば市場の動向を受けて決済が有利になりますし、今後は決済に使えるお店やサービスが増加します。

今でこそ新しいツールですが、将来的には今現在のクレジットカードや電子マネーのように世間に普及した、ごく一般的な決済方法となるでしょう。またセキュリティが高く悪用される恐れもないため、クレジットカードよりも安全性が高いです。

ビットコインの市場ですが、今はまだ新しい環境なのでいわゆる相場が定まっていません。しかし将来には企業の株価のようにおおよその相場が決まると予測されています。

市場がまだ新しいため購入を控えている方も、いずれは安定しますので、落ち着いた時をみはからってビットコインを購入してみましょう。便利なアプリなども未来にはより一層普及します。