ビットコイン

ビット コインを簡単に説明

最近テレビなどで取引所のコマーシャルが流れるようになり、投資に興味のない方にも名前が浸透してきたのがビットコインです。

仮想通貨の代表格とも言えるこの通貨は、いったいどういう性質のものなのか詳しく見ていきましょう。
まず、ビットコインは「仮想」と言われるように現実の世界にコインや紙幣の形で存在しているわけではなく、コンピュータ上のデータとしてのみ存在します。
そのため、これまでの仮想通貨は「何かあったときに消えてしまうんじゃないか」「ハッカーなどに簡単に盗まれるんじゃないか」「いくらでも増やせるから価値が暴落しそう」といった不安があり、ほとんど普及してきませんでした。
この状況を変えたのがビットコインというわけです。

ビットコインは仮想通貨の中でも「暗号通貨」と呼ばれているように、特殊な技術を用いてプロテクトされており簡単にはハッキングされない構造になっています。
そのうえ、ブロックチェーンという仕組みを用いてインターネット上でクラウドに監視されており、世界中のビットコイン取引は常に見張られて記録されています。
そのため不正な取得や偽造などがあればすぐに判明するため、安心して使える通貨となっているのです。

またビットコインは現実のお金のように存在する量の上限が設定されており、データだからといって乱発されて価値が下落しないような措置が取られています。
こういったさまざまな工夫により通貨としての信頼性が高い仮想通貨の先駆けとなったビットコインはどんどんとその価値を高め、現在では投機の対象となっていることもあり価格は上がり続けてきています。
今後この傾向は落ち着きやや値下がりがあるかもしれませんが、それはあくまで投機の熱が冷めたからであって、通貨としての有用性は失われることはないでしょう。
後追いの仮装通貨も次々と現れていますが、やはり本家本元のビットコインの人気や信頼性はまだまだ揺るがないものと予想されています。