ビットコイン

ビットコイン(仮想通貨)の仕組み

最近、テレビや新聞など、各メディアで名前を挙がるビットコインは、現実には存在しない仮想通貨と呼ばれるものです。

仮想の存在である通貨という名前から不安を感じるかもしれませんが、この名称は法定通貨のような実物がなく、電子的に扱うことからきているのです。単純に銀行間で振り込みをして、現金は動いていなくても、数字だけは動いているのとイメージは似ています。

ビットコインが電子的に扱うことができるということは、インターネットを経由して世界中の誰にでも容易に送金ができることを指しています。
この送金の際にビットコインでは、二重払いといった間違いが起こらないよう取引の履歴を記録しているのですが、この仕組みをブロックチェーンと呼び、ネットワーク上のノードに分散的に記録されます。

また、取引履歴は過去にさかのぼって全ての内容が残っており、常に計算処理されていることからビットコインの整合性が崩れることはありません。このようなシステムを作り出したことで、通貨を管理する中央銀行のような存在が必要なく、特定の国家や企業が運営に関わることもないのです。

法定通貨なら送金する度に銀行のチェックを経由して相手先に振り込まれることから時間がかかるのですが、ブロックチェーン技術ではネットワーク上のノードが管理するので、ほぼリアルタイムで送金がされるのが特徴です。
しかし、不正や間違いを防止するために取引の履歴を記録し、整合性を持たせるために計算処理を行いますが、その情報は膨大なため、ネットワークを構成する多くの利用者のマシンに分割処理されます。
機械任せではありますが、この計算処理を積極的に手伝ってくれた人には報酬という形でビットコインが送られるため、採掘者と呼ばれるマイナーが我先にと日々競い合っているのです。
こうした、作業の報酬として仮想通貨をもらえる様子を、鉱山から金を取り出す作業になぞらえてマイニングと呼ばれています。